御言葉を通して、また祈りを通して、クリスチャンが元気になれるようなブログをつくってみたいと思います。

コリントにて、パウロに語られた主の言葉

使徒言行録18章9節-11節

ある夜のこと、主は幻の中でパウロにこう言われた。

「恐れるな。語り続けよ。黙っているな。

わたしがあなたと共にいる。

だから、あなたを襲って危害を加える者はない。

この町には、わたしの民が大勢いるからだ。」

パウロは一年六か月の間ここにとどまって、人々に神の言葉を教えた。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』より)

ユダヤ人たちの迫害に遭って、服の塵を振り払っパウロたちでしたが、
おもそこに残り、異邦人たちのために福音を伝え続けました。

なんと、力強い主の御言葉でしょうか。
日本にも、「わたしの民が大勢いる」と信じて、
諦めずに福音の種を蒔いていきましょう。

このブログ記事について

このページは、jsuzukiが2011年2月 7日 01:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「はじめまして」です。

次のブログ記事は「聖書の解釈」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。